ビルメンテナンス…資格を取れば働けて暇な、コミュ障向け仕事

スポンサーリンク

ビルメンテナンス仕事

 

「暇が多くて楽な仕事」「コミュニケーション能力が低い人向けの仕事」などとよく言われるビルメンテナンス(通称、ビルメン)。

ビルメンテナンスの仕事の魅力や、仕事内容について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「ビルメンテナンスってどうなの?」へのネット上の声

 

ビルメンが楽かどうかは建物の種類による。
テナントビルは楽。
大型複合商業施設みたいな場所は辛い。

 

誰でもできるという部類の仕事だから、
給与は安い。

 

 

 

ビルのフロアを清掃するタイプや、
巡回するタイプのビルメンがある。
タイプによってハードさが違ってくる。

 

・危険物乙種四類
・二級ボイラー技士
・第二種電気工事士
・第三種冷凍機械責任者
というビルメン4点セットの資格を取得できれば、
20代ならニートでもホワイトなビルメン会社へ就職できる。
資格がものを言う仕事だから、勉強が得意な無職やニートにおすすめ。

 

色々なビルへ出向く仕事だから、
幽霊ビルとして有名なところへも行く機会がある。
怪異を体験したというビルメンも多い。
病院みたいな施設にも行くし、そこでもよく怪異と遭遇するらしい。
その奇妙な体験をメリットととらえるかデメリットととらえるかはその人次第。

 

もしもビルメンをやりたかったら
大手系列のビルメン会社に入ることを推奨。
無名のビルメン会社とは待遇が大違いだから。

 

公務員試験撤退組・司法試験撤退組とか、
会社が倒産した元経営者なんかがビルメンに多い。
そういう、社会のレールから外れてしまった人達用の受け皿になっている仕事。

 

 




「ビルメンテナンス」とはどのような仕事なのか

ビルメンテナンス仕事

 

ビルメンテナンスとは、ビルの利用者(一般客や、ビル内のオフィスで働いている会社員達など)が快適にビルを利用できるように、ビルの設備を整備したりメンテナンスをする仕事です。

 

 

ビルメンテナンスでやる作業例

  • その日の暑さ・寒さに応じて、空調設定を変える
  • 切れた蛍光灯を交換する
  • 排水溝の詰まりを解決する
  • 各設備が正常に稼働しているかをモニターで監視する
  • ビル内の設備を定期的に見て回り、異常がないかを確認する
  • 資格がある場合、ボイラー設備や動力設備や電気設備を点検しメンテナンスする
  • 「害虫駆除」「受水槽の清掃」などを行う業者の作業に立ち会う
  • ビルのオーナーと、ビルのテナント(ビルの一室を事務所として借りている業者)との間に入り、双方の意思を伝える役割を担う
  • テナントがビルに何らかの要望がある場合、ビルメンテナンス業者がそのことを聞き入れて対応したり、ビルのオーナーへ要望を伝える

 

ビルメンテナンスという仕事のメリットとデメリット

ビルメンテナンス仕事

 

メリット

  • 自身が配属されるビルの種類・場所によっては非常に暇で、スマフォをいじったり資格勉強をしていて良いという場合がある
  • 比較的、他人と接することが少ない仕事なのでコミュニケーション能力に不安がある人でも働きやすい
  • 必要な資格を勉強して取得できれば仕事でできることが増えて給与額が上がる
  • 年齢差別などがほとんど無い業界なので、たとえば公務員試験浪人をずっと続けていて20代後半で職歴無しというパターンでも資格さえあれば採用される

 

メンタルが弱い人におすすめの人間関係がほぼ無い気楽なお仕事
肉体面でも壮健・病弱という個人差があるように、精神面でも打たれ強く苦境に屈しない人と、怒声や精神負荷に耐えられない人という個人差があります。 メンタルの弱い人にとっての適職とは何なのか?メンタルの弱い人でも勤まる、人間...

 

 

デメリット

  • 「夜勤」や「当直」のような形態で働くことが多く、夜型の生活になってしまって健康に悪影響があったり、働く曜日が不規則になってしまう
  • 働き始めるにはある程度の種類の資格を取得していることが必要
  • 「暇すぎることを嫌だと感じる人」にとっては暇がデメリットになる
  • 突然のトラブルやテナントからのリクエストに、臨機応変に対応することが求められる

 

「ビルメン4点セット」と呼ばれる4つの資格

ビルメンテナンス仕事

 

1.「第二種電気工事士」

この資格を持っていると、600V以下で受電する設備の電気工事が許可されるようになります。

 

 

2.「危険物乙種4類取扱者」

スポンサーリンク

この資格を持っていると、重油の取り扱いが許可されるようになり、ビル内のボイラー設備のメンテナンス等ができるようになります。

 

 

3.「2級ボイラー技士」


この資格を持っていると、小規模ボイラーから伝熱面積25㎡以内のボイラー設備のメンテナンス等ができるようになります。

 

 

4.「第三種冷凍機械保安責任者」

スポンサーリンク

この資格を持っていると、1日の冷凍能力が100t未満の製造施設の、製造に関するメンテナンス等ができるようになります。

 

 

この4種類の資格(通称「ビルメン4点セット」)を取得していると、ビルメンテナンスの仕事のおおまかな部分はこなせるようになるので、ビルメンテナンスの就職面接で高く評価されて内定を取りやすくなります。

4つ全ての資格がそれほど難易度が高くないので、公務員試験浪人や司法試験浪人を続けていた人達にとっては簡単に合格できるはずです。ビルメンテナンスの仕事をしたい場合は、面接前に取得しておくとすぐに内定を取れると思われます。

 







無料の転職サイトを使って転職活動を成功させよう

ビルメンテナンスの仕事に転職するには、無料で利用できる転職サイトの「リクナビNEXT」を利用するのをおすすめします。

 

 

転職者の約8割が利用している、無料で使える転職サイト「リクナビNEXT」がブログ管理人のおすすめです。

リクナビNEXTは、数ある転職サイトの中で最大手なので、他の転職サイトとは安心感が違います。

 

転職サイト「リクナビNEXT」のメリット

  1. リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
  2. リクナビNEXTは無料で利用ができる
  3. 「転職活動をしたいけれど、どの転職サイトを使えば良いのかわからない」という方には、とりあえず転職サイトの最大手のリクナビNEXTにしておけば間違いないと言える
  4. リクナビNEXTに利用者登録していると、優良な企業から就職のオファー・アプローチがかかる
  5. リクナビNEXT内の「グッドポイント診断」を利用することで、自身の強みと適職を知ることができる

 

リクナビNEXT公式サイト↓


 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント