貧困の再生産…教育資金や親の教養の無さで貧乏が子どもへ継承

スポンサーリンク

貧困の再生産

 

貧困家庭で育てられた子どもが、非常に高い確率で、将来に親と同じ貧困の人生を歩みやすくなり親の代から貧困が連鎖してしまうという「貧困の再生産」の問題について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「貧困の再生産」という現象について指摘するネットの声

貧困の再生産

 

公には言ってはいけないことだけど、
貧困の再生産の最大の原因は「遺伝」。
貧困親から、だめな知能・性格が遺伝してしまっているから…。

 

貧困家庭の親は、
「大卒と、中卒高卒の生涯収入の違い」
「大卒と、中卒高卒では働けるフィールドがそもそも違う」
ということさえも子どもに教えられないことが多い。

 

 

バカな親って、本当に子育ての事が何も分からないんだ。
周りの友達・親戚も同レベルのバカが多いから、誰も間違いを指摘できない。
子どもが生まれた時点から、親がいきなり親らしい人間へ生まれ変わる、なんて幻想もいいところだよ。

 

貧乏親とその子が住んでいる地区って、
家賃や地価が低くて低収入の人間達が密集している場所であることが多い。
子どもは、他の貧乏な子ども達からの悪影響を受けてしまう。
影響を受けて勉強をしないようになるとか、非行に走るようになるとか。

 

貧乏な家の子どもって、
生育環境の悪さのせいで骨の髄まで無気力感・負け犬根性が染みついてしまって、
人生を完全に諦めてしまっている子が多い。
ハングリー精神・反骨精神をもつ貧乏な子なんて、創作物の世界の設定。

 

平均的な家庭だったのに、
ある日突然、両親の離婚という事件のせいで貧困の連鎖へ押し込められる場合がある。
子どもはシングルマザーに育てられ、貧困生活の中で、高い学歴を獲得できないようになる。
子どもが成人して結婚すると、これまでの人生経験から離婚への精神的ハードルが低いせいで、離婚しやすくなる。
生まれた子どもはまた貧困生活の中へ押し込められる。

 

2010年以降は、
経済的に余裕があるエリート層と、
将来設計が何もできないヤンキー層ばかりが
子どもを作るようになっている。
中間層はあまり子どもを作らず底辺層に落ちつつある。
この状態がそのまま進めば、その子ども達が成人したころには
頭が良い支配者層と、奴隷層の、完全二極化になる。

親の格差が反映され裕福な子供と貧困の子供の二極化時代へ
正社員と非正規の間で収入や待遇の格差が生まれるのに従って、正規と非正規それぞれの家庭でも「子どもの格差」が生まれつつあります。 もはや「裕福な子ども」と「貧しい子ども」の2種類にはっきりと分かれ、中間がなくなりつつある...

 

ある程度の年数を生きていたり、
それなりの洞察力をもっているなら、
この世で成功するためには
・親が金持ちで資産をたくさん持っていること
・子ども自身の能力がかなり高かったり有用な才能を持っていること
の2つのパターンしかない、ということが理解できる。
どちらも用意できない貧乏親が子どものためにしてあげられる最大限のことは、
最初から子どもを生まずに悲惨な人生を歩ませないこと。
しかし皮肉なことに、貧乏親はアホだから何も理解せずに子どもを生みまくる。

 

 




「貧困の再生産」が起きる主な原因

主な原因

スポンサーリンク

  1. 親が低収入なせいで、子どもを学習塾へ通わせたり問題集を買い与えることができない
  2. 親が学力・学歴を重要視していない場合が多く、学力・学歴の大切さを子どもに教えることができない
  3. 親の学習力の低さ(知的好奇心の無さ・記憶力の低さ・論理的思考が苦手、などの要因から成る)が子どもに遺伝してしまったり、親の学習への消極的態度を子どもがマネしてしまうようになる
  4. 貧困家庭では「貯蓄」「将来を見据えた投資」などが難しいことが多く、親のだめな金銭感覚が子どもに継承されてしまう
  5. 貧困家庭では「虐待」「育児放棄」などの問題が起きることが多く、被害者の子どもは人格障害を抱えやすくなり社会に適応できなくなったり(まともな就職ができずに貧困化)、成人後に自身の子どもに虐待や育児放棄をしやすくなって、貧困と負の連鎖がずっと続いてしまう
  6. 「うつ病や統合失調症のような精神疾患」「ADHDや学習障害のような発達障害」を抱えている人が貧困化しやすくなり、子どもを作ると、精神疾患を発症しやすい気質や発達障害が子どもに遺伝しやすいので、子どもも貧困化しやすくなる

 

貧困の再生産

 

貧乏は遺伝する病気!非正規や人生レベルが親と似る貧困の連鎖
「貧乏は親から遺伝する病気」といった趣旨の言葉・考え方が、貧困の連鎖問題を語るうえで節々で引用されます。 スタート地点の不利は努力でいくらでもくつがえせる!というのは理想論であって、現実は、努力するための知能や人生に対...

 







貧困の再生産は解決が難しいのが実状

親の年収が高いと大学への進学率が高くなる

内閣府が公表している資料より

 

 

貧困の再生産は、

  • 親から遺伝した知力・体質・性格
  • 幼少時から受けてきたダメな教育
  • 親に教育意識が根本的に欠落していること
  • 親の収入が低くて子どもの教育にお金がかけられないこと

などが原因であることが多く、相当に根が深い問題であるため、政府からの多少の補助金や気休め程度の支援制度では解決しません。

 

貧困の再生産

 

ただ、貧困の再生産は「家族やその関係者に、貧困状態に疑問を持つ人間がほぼいないこと」という生育環境の悪さという要因も大きいので、高校卒業時や大学卒業時に就職して実家から離れることができれば貧困の再生産から脱出できる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント