オタク…ハマっている趣味の知識は豊富だが社交性がとぼしい人

スポンサーリンク

オタク

 

漫画やアニメや軍事やアイドルなど、特定の趣味に深くハマっている「オタク」の特徴や、オタク趣味のあれこれについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「オタクって存在ってどう思う?」へのネット上の見解

オタク

 

「没頭できる物事があり、そのおかげで人生が楽しめている」
という点では他の人達よりも優位にある。
ハマれる趣味さえ見つからない、という空虚な人も世の中には多い。

 

「オタクが、こんな素晴らしいモノを創り上げた!」
ってことも近年は聞かなくなった。
昔もあまり聞かなかったけど。
オタクのほとんどって、つまるところ「ディープな消費者」ってだけだよね。

 

容姿が悪い・コミュ力が低い・これといった才能も無い、
という種類の人達が、現実逃避の果てにオタク趣味へと流れ着いてきたパターンも相当多い。

 

「オタクはみんな賢い・頭が良い」
って認識は誤り。
賢い人間は凝り性・オタク気質を帯びやすい、というのが正解。
好きな分野以外はからっきし、というオタクもかなり多い。
そもそも大前提として、好きな分野なら自然にあれこれ詳しくなるだけで、別にそのことが賢いというわけではない。

 

・クリエイターへの深い感謝(=たとえ自分にとって気に入らない展開となってもブチ切れないこと)
・非オタクの人達に迷惑をかけないように配慮する
・自分は自分、他人は他人ということをきちんとわきまえる
・物事を否定しすぎない(否定的な話はみんなの気分を害するから)
このあたりができていないオタクが多すぎる。
つまり、人間として幼稚すぎる。

オタク達の人生が分かれて良いオタクと悪いオタクの格差が凄い
ブログ管理人自身が、漫画・ゲームが大好きな根っからのオタクで、アニメやフィギュアも少々たしなみますが、同じオタク同士でも、それぞれ違った種類の「興味の幅の広げ方」や「他人への接し方」を十数年も繰り返すと、良いオタク人生を歩め...

 

髪型・清潔感・ファッション、
これらはある程度以上の余裕があってこそはじめて手を回せる要素。
清潔感やファッションがダメダメなことが多いオタクは、
つまり余裕がない人間であるという傾向が強い。

 

日本は世界随一のオタク国。
江戸時代の写楽の頃からして、すでに絵がイラスト調だった。
同年代の他の国々は写実画ばかりだったのに。
そんな日本文化の中で生きていたら、誰でも多かれ少なかれ自然とオタクになっている。

 

スマートフォンが国民的普及をして、
誰も彼もがネットへ参入できるようになり、
ネット上にはあれこれの便利な動画サイトがあるので、
陰キャの大半がにわかオタク化している。
作品をただただ消費するだけで詳しい知識も持たず、
ネット上で徒党を組んでイキりまくり、
人生の敗者復活戦でリア充になろうとしている、つまらない連中。

 

オタクと、ヤンキー系のDQNって、
正反対に見えて挙動がそっくり。
・一人では何もできないが、群れるととたんにイキりだす
・集団になるとみんなの迷惑となる問題行動を始めるようになる
・車を改造して爆音で街で走らせる(オタクが車体にアニメ絵のペイントを施してアニソンをかけて車を走らせることと酷似)
・一般人を自分たちの世界へと引き込もうとする

 

オタクって、
学生時代のトラウマか同族嫌悪か知らないけれど、DQNを異常に敵視している。
ただ、DQNはコミュニケーション能力があったり、行動のためのバイタリティーがあったり、暴力やいじりでオタクを叩き伏せることができるから、
実質的にオタクはDQNの下位互換と言えるかも知れない。

オタクが誇る謙虚で勉強が得意はモテと恋愛にほぼ寄与しない
漫画やアニメが好きなオタクの方々は、チャラチャラしたような同年代の男ばかりがモテている状況に対して 「優しくて、知識もいっぱい持っていて、勉強もできる僕がどうしてモテなくて、どうしてあんな勉強ができない不良系ばかりが女...

 

 




オタク趣味の、世間からの許容度の序列

オタク

 

この趣味は世間から許される、この趣味は世間から異端視されて軽蔑されやすい、というオタク趣味の序列です。

 

世間からの許容度の序列

↑無害なので世間から許されやすいオタク趣味(こちらに近いものほど許されやすい)

  • 映画
  • 海外ドラマ

 

  • クイズ
  • カメラ写真

 

  • ゲーム(オフラインゲーム)
  • パソコン
  • プラモデルなどの模型

 

  • 野球
  • サッカー

 

  • 自動車
  • バイク

 

  • 漫画

 

  • 軍事

 

  • 特撮
  • 歴史

 

  • フィギュア

 

  • トレーディングカードゲーム

 

  • エロゲー

 

  • 釣り

 

  • アニメ

 

  • ゲーム(ネットゲーム)

 

  • アイドル

 

  • 声優
  • ネット右翼

 

  • 政治

 

  • 鉄道

↓迷惑なので世間から許されないオタク趣味(こちらに近いものほど許されにくい)

 

サブカルチャー…主流文化から外れたオタク系や地下系の副文化
日本のオタク方面で言えば、漫画やアニメや特撮のようなオタク文化、それ以外にはゴシックホラーや、人前で口に出すのははばかられるようなエグいアンダーグラウンド趣味など、絵画やクラシック音楽のような主流の文化からはズレたサブの文化...

 







オタクがこの世界と協調し、より良い人生を歩むための方法

オタク

 

言動や外見がオタクっぽいというだけで何かと迫害を受けやすくなります。そのせいで気分を害したり、場合によっては両親や知り合いにオタク趣味を妨害されることもあります。

スポンサーリンク

以下の事柄を守れば周囲と協調してやっていくことができ、良い気分のままオタク趣味を続けることが可能となります。

 

他者との会話時には健全な言葉のやりとりを心がける


「自分側がしゃべりすぎないように気をつける」

「話相手に対してあれこれ質問して会話を膨らませるようにする」

スポンサーリンク

「オタク趣味の内容については、質問されたら簡潔に答える、という程度にとどめる」

このあたりを留意して会話をするだけで、他者との会話がスムーズに進むようになります。

 

 

 

「自分の趣味は相手にも受け入れられる」とは決めつけない

自分がハマっているオタク趣味は、前提として特殊な嗜好・性格傾向を持っていないと好きになれない、という事実をはっきり認識しましょう。

その上で、「人は人、自分は自分」という考えのもとで、自分の趣味を相手に押しつけないようにしましょう。

公共の場でアニメソングや漫画キャラを押し出すような行為は、一生ものの黒歴史になるパターンが多く、非常に危険です。

 

 

 

できれば、身だしなみに気を遣う

「髪型を整える(めんどうなら短髪をキープしていれば見た目は良くなる)」

「お風呂に毎日入る」

「服は、自分のセンスで選んだものを買って着る(母親任せにしないだけでも大きな前進)」

できれば上記のようなことに気を遣いましょう。外見が悪すぎると、内面を審査してもらえる段階まで進めずに、最初から拒絶されてしまいます。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント