就職活動で出遅れて、無い内定など悲惨な目に遭う大学生の特徴

スポンサーリンク

 

就職活動で完全に出遅れて、7月や8月になっても内定が出ずに悲惨な目に遭う大学生にありがちな特徴について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「就職活動で出遅れてしまう大学生」によく見られる3つの特徴

 

1.何をすれば良いのか分からずにずっとまごまごしている

  • 「エントリーシート」の書き方が分からない
  • 「自己分析」をどうやってやれば良いのか分からない
  • 「業界分析」のやり方がさっぱり分からない
  • 「企業説明会」へどうやって参加すれば良いのかが分からない

このあたりの問題を抱えているせいで、5月や6月まで何も行動を起こせずにいます。

 

 

 

2.就活に対してばくぜんとした恐怖を感じている

「自身の人間としての価値・労働市場における価値が、企業側から審査されるのが恐い」

スポンサーリンク

「内定を取ることで、社会での労働のカウントダウンがスタートしてしまうことが恐い」

「ネット上にブラック企業情報があふれかえっているせいで、どの業界もブラックに見えてしまって就職する気になれない」

このような恐怖を感じているせいで、就職活動の行動開始に踏み切れないでいます。

 

 

 

3.「就職活動をしないことの危険性」をあまり認識していない

「就職活動をせず、内定を獲得できないまま大学を卒業したら、どのような事態になるか」ということに想像が及ばず、のほほんとしたまま大学4年次を過ごしています。

スポンサーリンク

避けようと思えば避けられるのに失敗してしまう原因は、

  1. 「慢心」
  2. 「思い込み」
  3. 「情報不足」

の3種類であると言われており、この失敗パターンの複数に該当しています。


夏になってもまだ無い内定の就活生の絶望度がいよいよ最高潮へ
企業説明会がもうとっくに終わっていたり、エントリーの受け付けを終了していたり、とうとう面接用の持ち駒が尽きて残弾ゼロになったりと、夏の暑さの中をスーツで歩き回る辛さもあいまって心身ともに就活生に厳しい時期となってきました。 ...

 




就活で出遅れることでのちのち被る実害

 

ほとんどの企業がすでにエントリー受付を締め切っている

スポンサーリンク

5月くらいから、企業群が続々とエントリー受付の締め切りを始めます。

そのせいで、6月7月にやっと重い腰を上げて就活を始めても、時すでに遅しという状態で、今からエントリーできる企業が全然無い、という状況になってしまいます。

就活経験者が就活で後悔した事と、こうすれば良かったという事
自己分析や企業分析も済み、いよいよエントリーや会社説明会や面接が本格化してくる時期。 就活を終えた先人達が語る「こうしておけば良かったという就活の後悔」を事前に知っておくことは、就活初挑戦の大学生達には大きなアドバンテ...
それを先に言え!就活で先に知っておきたかった事を全公開します
就活の恐さの本質は、「勉強だけしていれば良かった学生時代とは求められるモノが全然違うのに、その事が大学側や教授や親からほとんど伝えられていない」こと。人によっては、クリアに必要なアイテムを取り逃したまま就活ステージまで来てし...

 

 

 

初夏から秋にかけてまだ募集している企業は「わけあり企業ばかり」

就活生達から人気の業界・企業は、エントリー受付を開始してから応募が殺到し、すぐに内定の定員数が埋まります。

それに対して、初夏から秋にかけてもまだ新卒の募集をしている企業は、労働環境や待遇が劣悪だと知れ渡っているせいで人が集まらず、募集定員が埋まっていない、というブラック企業・ブラック業界である可能性が非常に高い、と考えられます。

 

 

 

無い内定のまま卒業する危険性が非常に高くなる

就活で出遅れたせいで、エントリーできる企業が激減し、そのことによって無い内定で大学を卒業する危険性がいやおうなく高くなります。

日本の企業は新卒一括採用方式を採っているせいで、卒業して既卒になってしまうと、新卒枠での就活ができなくなってしまいます。

第二新卒という立場で就職活動をせざるを得なくなり、何年も社会経験を重ねた転職者達と同列で競争しなければならないので、新卒時の就活よりも難易度がはるかに上がります。

 

無い内定で卒業した第二新卒・既卒・ニートの就職をサポートする専門サイト

DYM就職

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職に特化している
◎就職率は96%と極めて高い
◎DYM就職を通すと書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
◎無料でサービスを利用できる
○DYM就職のエージェントがていねいに就職活動全般をサポートしてくれる

若者正社員チャレンジ

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職に特化している
◎実習期間中は最大10万円の支援金支給あり
◎プロの資格を持った担当がカウンセリング・セミナー・企業紹介・実習などにより就職支援をサポート
◎無料でサービスを利用できる
○企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
○利用者達のうちの約90%が半年以内に企業就職できている

 

無い内定のまま大学を卒業する人によく見られる特徴

 

雰囲気が暗い

「声に覇気が感じられなくて、ぼそぼそとしゃべっている」「他人から見ると、負のオーラをまとっているので職場の空気を悪くしそう」「面接時に笑顔を作れない」。

このような特徴をもっています。

 

 

 

これまでの人生で恋愛経験が皆無

このことは各方面で繰り返し言われています。

恋愛をしてきた人間とそうでない人間は、「言動に表れる自信」「身だしなみ」「滑舌の良さや適切な応答ができることから成る、コミュニケーション能力」にはっきりとした差が出てくるようです。

 

 

 

大量採用をしている業界を避けている

「飲食」「小売」「金融」「IT」といった新卒を大量採用している業界を避け続けています。

スポンサーリンク

たしかにこれらの業界はブラック色が強く、ネット上での評判の悪さから忌避してしまいがちですが、その行為が無い内定で大学卒業、という最悪の結末をもたらしやすくなります。

無い内定で既卒になったその後の悲惨な人生と正社員就職の方法
えり好みしすぎて身のたけに合った企業を無視していたり、就職にばくぜんとした恐怖感を抱いてまともに就職活動をせずに、内定が決まらないまま大学を卒業してしまう「無い内定」はいきなり人生が危機的モードへと突入する原因なので注意が必...

 







新卒時の就職活動での模範的な行動方法

 

模範的な行動方法

  • 就職活動を行う年の2月までに「自己分析」「業界分析」「インターンシップ参加」「OB・OG訪問」を済ませておく↓
  • 3月から企業の個別説明会が開始するので、入社したい企業・興味のある企業は逃さずにエントリーする↓
    • 「エントリーシートの提出期限」「履歴書の応募締め切り」が3月末の企業が多いので、3月初旬から迅速に行動することが非常に大事
  • 4月から筆記試験・面接が本格化し始める。面接で落とされると就活の持ち駒が減っていくので上記の3月の段階で「自分が対応できる範囲内で、できるだけ多くの企業」にエントリーしておくことが重要となる。↓
  • 企業選考を受け続ける。まず最初に適当なブラック企業に内定をもらい、「自分はちゃんと企業に通用する人間なんだ」「このブラック企業に入らないように、もっと良い企業に内定をもらわないと」という風に意識をシフトさせるのがおすすめ。↓
  • 6月から内内定をもらう学生が出始める。自身が納得できる企業に内定をもらい、6月末までに就活に終止符を打つことができれば理想的。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント