空白期間やうつ病やなまけ癖など、社会から脱落したきっかけ集

スポンサーリンク

 

「社会から脱落し、人生の転落が始まったきっかけ」の種類・パターンについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ネットの住民が語る、それぞれの「社会から脱落したきっかけ」

 

学校でいじめを受け、
不登校→引きこもりになり、何もできなくなって社会から脱落。

 

高校を中退したこと。
以後は社会のレールからずっと脱線している。

 

 

就職活動をせずに大学を卒業してしまい、
その後に就職できずにニートへ。

 

「公務員試験」
「司法試験」
「難関資格の取得」
「医学部再受験」
学校卒業後にこのあたりに挑戦して、30歳ニートになって破滅した人間は非常に多い。

 

昔から、人間関係のやり方を根本的に間違っていた。
・他人の悪口を言う
・何かと他人を見下す
・高圧的な態度
・他人の力は自分が一方的に利用するもの
それを続けていたら周りから誰も居なくなり、孤独のまま助力を得られず底辺へと堕ちた。

社会不適合者ってなんで社会になじめないの?生きづらい原因
社会について行けずに脱落してしまう「社会不適合者」は性格や能力にちょっとした問題を抱えているから社会に適合できないのですが、その問題とは具体的になんなのか? 社会の性質と社会不適合者の特徴を見比べてみると、社会不適合者...

 

会社が激務過ぎて、うつ病を発症。
うつ病の症状のせいでまともに働けなくなり、社会からドロップアウト。

 

うつ病とかパニック障害みたいな精神疾患は
容易に再発するという点が非常にやっかいだけど、
精神科医に出された薬を飲み続けると高確率で廃人化するのが極めてやっかい。
いったん飲み始めると、薬漬けになって社会復帰できなくなる。
現代ではうつ病みたいな脳の病気は原因・機序がまだはっきりしていないので、
じつを言うと患者達を使って薬の効果をあれこれ実験しているようなもの。
「不適切な薬を使ったことで、うつ症状はおおむね緩和しても、副作用で脳の別の部分が壊れる」というのがザラにある。

 

 

あれこれ拘束されすぎる正社員が嫌になる。
そしてフリーターになる。
生計の不安定さ・低収入さで、社会の底辺へ。
職歴上の問題のせいで正社員に戻ることもできない。

 

楽をしたくて、正社員から派遣社員になる。
35歳派遣の壁で社会から排除され、無職になる。

 

発達障害のせいで就職できなかったり、人間関係で問題を起こしまくって、
以後は自宅でずっと謹慎しているみたいな人生のニート。

 

脱サラして飲食店を始め、客が来ずにお金のやりくりが破綻。
膨大な借金だけが残り、人並み以下の人生になる。

 

分不相応な夢を追いかけ続け、
経歴上の空白期間が拡張され続け、
夢は叶わず、空白期間のせいで就職もできず、永遠の無職へ。

 

人間関係のこなし方を間違えた。
周りの仕事を自分が率先して引き受け、ひたすらみんなに尽くしていれば、それで人間関係は上手く行くと勘違いしていた。
許容量を超えた負担のせいで、ダウンしてうつ病へ。

 










社会から脱落する代表的な3つのきっかけと、それらが危険な理由

 

1.うつ病やパニック障害のような「精神疾患」

スポンサーリンク

会社勤務で過大なストレスを受け、そのせいでうつ病などの精神疾患を発症して社会から脱落した、というのは、最もメジャーな脱落理由と言えます。

このきっかけが危険な理由は、

  • 労働環境が悪い企業で働いている人達全員に、このきっかけが起きる可能性があるから
  • 精神疾患はいったん発症してしまうと完治が難しい(治療を続けても「表面上、症状はおさまっていても何かのひょうしに再発しやすい、という状態」の寛解状態までしかもっていけない)
  • 発症すると就労・就職活動が困難になってしまうので長期的に無職へ追いやられやすくなる

 

ストレス耐性が低くてメンタルが弱い、社会から脱落しそうな人
ブラック企業での長時間労働が決して他人事ではなくなってしまった現代では、いかにストレスを回避するか、溜めてしまったストレスを発散して心の健康を保つかが重要課題です。 ストレス耐性が低すぎて激弱メンタル、ちょっとした嫌な...

 

 

 

2.「一般的な人生のレールから外れてしまう」

学校の中退や、卒業後に長期間無職でいると、一般的な人生のレールから外れてしまい、就職が困難になって社会から脱落する危険性が上がります。

スポンサーリンク

このきっかけが危険な理由は、

  • 「夢への挑戦」「難関資格を取得するための勉強期間」といったまっとうな理由でもこのきっかけがおきる場合が多いので、たちが悪いから
  • 「これまで頑張りすぎたから、1年くらいの充電期間」と軽い気持ちで仕事を辞めると、再就職しようとする際に経歴上の空白期間を指摘されて不採用が続くなど、本人の認識よりもずっと悪い事態が起きるから

経歴に空白期間や不審な点が無いという事実は、その人物の信頼性の高さを証明するものだと採用する側には映ります。


なので、就職しないまま何年も夢を追い続けていたりニート状態を続けていると、採用する側からすれば「信用できない」と捉えられてしまい、社会のレールへ戻ることが困難になります。

社会のレールから外れた人の正社員就職をサポートしてくれる専門サイト

スポンサーリンク

DYM就職

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職に特化している
◎就職率は96%と極めて高い
◎DYM就職を通すと書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
◎無料でサービスを利用できる
○DYM就職のエージェントがていねいに就職活動全般をサポートしてくれる

若者正社員チャレンジ

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートの就職に特化している
◎実習期間中は最大10万円の支援金支給あり
◎プロの資格を持った担当がカウンセリング・セミナー・企業紹介・実習などにより就職支援をサポート
◎無料でサービスを利用できる
○企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
○利用者達のうちの約90%が半年以内に企業就職できている

 

 

 

3.努力することを放棄して「楽な方楽な方へと落ちていく」

「正社員を続けるのが大変だから、派遣社員になった」「派遣社員を続けるのが辛いから、フリーターになった」「一つのことを継続するのが辛いから、逃げる事を繰り返すようになった」といった行動が本項目に該当します。

このきっかけが危険な理由は、

  • 上から下へと落ちるのは非常に簡単だが、下から上へと上っていくのは非常に大変だったり無理だったりする場合があるから
  • 「だらけたい」「なまけたい」「楽をしたい」という誰もが持つ願望が引き金になっていて、誰にでも転落の可能性があるから
  • 「これくらい大丈夫だろ…」と楽な方へ進むと、思った以上に早く転落してしまうから

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント