結婚適性が無いのにうっかり結婚してしまった人達の末路と後悔

スポンサーリンク

結婚適性

 

「結婚の適性が無くて、結婚に不向きなのに、結婚してしまって不幸になった人」の声や様子について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

結婚に不向きな人間だったのに結婚してしまった人達のコメント

結婚適性

 

一人でいるのが好きなのに、
常に家に他人がいる。
精神的に毎日苦しい。

 

何て言うか、他人を支えることに意義が感じられない。
結婚相手がヘマしていると、ただただ嫌悪感しかわいてこない。

 

生活が全部、子ども中心になって辛い。
もう自分自身の人生は終わったんだな…。

 

人生におけるストレスって、
その大部分が人間関係によるものだよね。
家庭に他人が2人や3人もいるんだから、常にストレスが発生する。
その苦痛量は独身時代をはるかに凌駕する。

 

 

自分の子どもでも、無条件に愛せない、という人間はいる。
自分がそのタイプだと、結婚生活も子育てもキツい。

 

かわいい嫁とかわいい息子・娘に囲まれて、
悠々自適な生活を送るってのはただのファンタジーだって学校ではっきり教えるべきだよな。

 

結婚って、もともと無理なもの・不合理なものを
無理矢理続けているようにしか感じられない。
ちまたにあふれる「夫婦生活円満のコツ」みたいな雑誌記事・番組がその証拠。
仮に結婚が自然に長続きするなら、長続きさせるためのあれこれの情報なんて需要ゼロなはずなんだし。

 

女側から見ると、旦那は邪魔で仕方がない。
「亭主元気で留守がいい」
って言葉がどうして昔からずっと語り継がれてきたか、いっぺん真剣に考えた方が良い。

 

嫁の愚痴を毎日際限なく聞かされるのが苦痛。
女は無意味な会話によってストレスを発散させるようだが、
男は無意味な会話にはストレスを強く感じる。

 

結婚は、個人主義者には間違いなく向いていない。
現代はネットが発達してみんなが自由に意見を発信できるようになり、
世界全体で個人主義の普及が加速している。
未婚率が増加しているのは、個人主義者の増加と密接な関係があると思う。

結婚に向いていない人に共通している、我が強いなど4つの特徴
我が強い性格をしていたり、自分の趣味や仕事に没頭しているタイプの人は、結婚をしても後悔することが非常に多いようです。 結婚に向いていない人の特徴を調査したので、分かったことを報告します。 結婚に向いていない人...

 

人生で何か大きな目標があったり、
仕事でさらに上を目指したいという野望をもつ男性が、
何かの間違いで結婚してしまうと、自分も嫁も子どもも不幸に呑み込まれる。

 

「配偶者と子どものために、自分の人生の何もかもを、当然のこととして捨てられる人間」でないと、
結婚生活はいずれ破綻する。
「耐えている」「我慢している」という感覚がちょっとでも芽生えている人は、それがだんだん生長していって、いつか大爆発する。
そして、そんな聖人はこの世にほぼ皆無なので、世の夫婦は結婚生活の中で不満だらけ、というわけ。

 

相手への愛情って、何年かすれば完全に消えるものなんだな…。
それを前もって知っていれば、結婚なんかしなかったのに。

 

結婚に向いていない人の特徴
・人生で成し遂げたい大きな目標がある
・まだまだあれこれ遊びたい
・自分の時間は大切
結婚に向いている人の特徴
・自分の人生に何か意味・目標が欲しい
・何となく毎日働いているだけでいつもつまらない
・趣味が無くて人生が空虚
向いていないタイプがうっかり結婚してしまうと惨劇が幕を開ける。

 

正社員としてなかなかのお金を稼ぎ、自由を手に入れ、ついに社会の強者側へ立つことができた。
結婚したら、つかの間の自由は終焉し、結婚相手と義理の両親にペコペコ頭を下げる毎日。
自分の親にも「子どもはまだ?」と催促されてイライラする日々。
なんだこれ…これじゃ立場が大人から子どもへ逆戻りしている感じ。

 

結婚って、向上心がかなり強い人とか、賢い人には不向き。
そういう人達が結婚生活を送っていても
「は?それが何?」で済ましてしまう低レベルの事が結婚生活には多すぎる。
そして、「は?それが何?」みたいな事を口に出して言ってしまったり態度ににじませてしまうと、結婚生活は崩壊へ向かってゆく。
子どもが何かを自分一人でできるようになったり、家族間の他愛も無い出来事で、感動したりずっと談笑できる人が結婚向き。

 

そもそも、オスは結婚したいと思うような生き物じゃないだろ。
結婚は自然のなりゆきでできた必然で必要な制度じゃなくて、社会を維持していくために作られた人工的な制度なんだぞ。

 

結婚とは現実を知り、幻想を捨て去る毎日。

 

結婚という制度の正体って、
・自分独りでは生きていくことが難しい女
・自分独りでは生存が難しい子ども
を男が面倒を見て、社会や国の保障費負担を大幅に減らす、というもの。
そして男ばかりが負担を背負わされる理由は
「男なんだから甲斐性を見せろ!」
の一点張り。無理がありすぎるものの、そのゴリ押しがまかり通る世の中。
これが、男が「なんだか結婚にメリットを感じない」と思う現象の理由・真相です。

 

結婚って、良くも悪くも中身が無い平凡な人間が向いている。
中身が無いから、中身を結婚相手や子どもで満たすことで、幸せになれる。
中身がもともと詰まっているタイプの人間は結婚しても拒絶反応が出まくる。

 

 

結婚すると、家や車や保険などいろいろと入り用になる。
そして、国や商業世界全土から搾取されている感が半端無い。
住宅ローンの金利・家の購入費・家の固定資産税・車の車検費や自動車税や重量税・生命保険料などなど。これらは全体のごく一部にすぎない。
男が結婚すれば国や商業業界は税収と売上でうるおうばかり。男側は吸われて干からびるばかり。
結婚のからくりって、そういうことだったんだね…。男って本当バカ。

 










「自分に結婚適性があるかどうか」をきちんと確認しよう

結婚適性

 

「結婚適性」がある人がもっている特徴

  1. 他人と会話をしたり、他人といっしょに行動することが好き(人嫌いな性格ではない)
  2. あまり我が強くないので、他人と上手く協調することができる
  3. 「家族を持ちたい」という強い願望をもっている
  4. 「配偶者といっしょに暮らしたり子どもを育てることへの期待感や良い感情」>>「結婚することへの不安感や悪い感情」という状態
  5. 「家族のために自分の人生を捧げる(自分の考えや都合よりも、家族のためになることを優先するということ)」という覚悟・了承をしている
  6. これまでの人生で何度か恋愛をしていて、異性の特性や扱い方を心得ている
  7. 自分個人の考えよりも、「他人の目」「世間体」といったものを重要視する
  8. 正社員のような安定的な仕事に就いている

 

結婚に向く人と向かない人は人生の方向性と性格が根本から違う
周りで結婚している人・していない人を実際に観察したり、本や映画やネットの口コミで結婚のあれこれを知っていくと、どうも結婚に向く人と向かない人は、人生の方向性そのものが、それぞれまったく別方向へ向かっているようです。 自...

スポンサーリンク

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント