世の中お金!と感じる瞬間と資本主義社会ではお金が正義の事実

スポンサーリンク

世の中お金

 

「世の中、お金!」とよく言われますが、そのことは正しいのか?という点について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「世の中、やっぱり金!」と感じた瞬間集

世の中お金

 

親から土地や貸しビルを受け継いでいる子どもは、
不労所得によって何不自由ない貴族的な生活。
反対に、資産が無い庶民は毎日あくせく労働するしかない。
このシンプルな現実が「世の中、金」を完全に証明している。

 

新幹線や飛行機を使えば、
電車の鈍行を使うよりもはるかに早く目的地へ到着できる。
時間さえもお金で買える。

 

日本やアメリカやドイツみたいな先進国で採用されている
「資本主義」
って、
お金が第一・社会で最も価値があるものはお金・お金の多寡で結果が左右される、というルールの経済。
資本主義が適用された社会で生きている以上、「お金が全て」というのはむしろ前提条件なんだよ。

世の中金が全てか?人の心を狂わせ秩序を歪めるお金の4つの恐さ
お金は物やサービスと交換できる引換券としての基本的性質から、上手に利用すればお金を使ってさらにお金を増やすことができる道具としての性質も持ち合わせています。 しかし、お金をめぐる醜い欲望のせいで破滅する人も数限りなくい...

 

愛さえもお金に左右される。

 

お金の影響からは遠いとされる「人間の心(=精神世界)」でさえ、
お金があれば安定し、お金が無いとすさんで不安定化する。
お金が無いと友人知人とトラブルが起きやすくなり絶縁も起こりやすくなる。

 

何年間もネット上で執拗に他人を叩き続けたり、
ネット掲示板をずっと荒らし続けたり、
ネット上で変な政治活動を続けている奴らは、
高確率で無職。
現実でもおかしな事件を起こす奴はそのほとんどが無職。
人間、お金が無いと狂気に走っちゃうのよ。

 

アイドルとか、声優とか、小説家とか、フィギュアスケートみたいな
才能の世界でさえ、
裕福な家庭出身の人が多い、という事実。
代々続く金持ちの家系で、優秀な遺伝子を生まれ持っているか・才能の育成にどれだけお金をかけられるかで、
稀少な才能まで獲得することができる。

金は金を呼ぶ…!お金持ちが利用しているお金の6つの裏ルール
お金持ちと、そうでない人達を分ける大きな違いの一つが「お金に対する知識と感覚」です。お金持ちが熟知していて、一般人はあまり知らない、お金の隠れた重要な性質を解説します。 お金持ち達が知っている、お金の6つの裏ルール...

 

平和と平等と譲り合いが最も訴えられる、国家同士の交流でさえ、
「経済力の優劣」が相手国との序列をはっきり左右する。
経済力が低い国は工場生産役とか資源採掘役とか、裕福な国の下請け業者みたいな扱いだよ。

 

「世の中、お金じゃない」という言葉が
世の中でやたらともてはやされたり、
綺麗な事のように感じられる理由は、
「世の中、お金」という不動の常識が先にあるからこそなんだよ。

 

「世の中、お金じゃない」みたいなことを言って、
フリーターのまま夢を追いかけていた人達が、そろって悲惨な末路をたどっていること。
お金をがめつく追いかけている人達はだいたい成功し、そのお金で昔からの夢まで実現できてしまうこと。

 

「世の中、お金じゃない」
ってことを考えたり言ったりして人生が上手く行っている人は、
現時点ですでに十分裕福で、それほどお金にありがたみを感じないので、関心がお金から別のものへとシフトしているだけ、
という痛烈な皮肉。
貧乏人で「世の中、お金じゃない」なんて戯言を言っている人はゼロに近いでしょ。

 

ある程度まともな、健康状態・心理状態を保とうとするなら、
それなりの金額が必要になる。

 

「世の中の悩みの9割は、お金で解決する」
といった趣旨の言葉が世にまん延している。

 

世の中、あらゆる物事にお金が必要。

 




「世の中、お金」が正しくなる場面と、間違いになる場面

世の中お金

 

「世の中、お金」が正しくなる場面

  • お金がどうしても必要になっている場面(医療費や、食費や、賃貸費などを支払うためにお金が緊急で要る)
  • 自身の人生において貧しい期間が長かったせいで、お金と、お金を使った裕福な暮らしを渇望している
  • お金持ちの羽振りの良さやぜいたくな暮らしに嫉妬している
  • 資本力の暴力のせいで、自身が不利益を被ったり不利な立場へ追い込まれることを経験した
  • 現時点で「貧乏暇無し」「爪に火をともす生活」といった状況になっている

 

 

「世の中、お金」が間違いになる場面

スポンサーリンク

  • 自身が「お金以外の何かを第一にしている」という強固な価値観を持っていたり、その価値観をもつ他人と交渉する場面
  • 「死」「老化」「現代医学ではどうにもならない種類の病気」「大規模な自然災害」といったお金では解決できないタイプの問題と向き合った時
  • 「お金が関与しない、純粋な愛情や友情や信頼感」が欲しくなった時

 

 

お金の法則1…お金の様々な性質とお金持ちのお金の利用法編
人生において成功の象徴の代表格である「お金」。私たちの誰もがお金とは切っても切れない関係にあります。 お金にはどのような性質があり、お金持ちと貧乏人はそれぞれどのようにお金を扱っているのか?ネットで見つけた、お金の重大ヒン...
お金の法則2…お金持ちと貧乏人の違いやお金に伴うルール編
前回に続き、お金にまつわる法則を調べたものを一覧にしました。 より豊かな生活を送るために参考にしたり、貧乏から脱出するためのヒントにしたり、経済の本質を知るための勉強用にするなり、ご自由に活用して下さい。 ...

 







事実として、現代ではお金を重要視するべき

子ども教育重要

 

子ども教育重要

 

子ども教育重要

 

「お金が第一」という資本主義によって日本社会が回っている以上、物事の成否はお金が7~8割が左右する、と見ておくべきです。

 

「物事の成否はお金が7~8割が左右する」という原則があるということは、

  • お金を重視して行動すれば物事の7~8割が上手く行く
  • お金以外の要素である2~3割の部分に注力しても割合が小さいので全体への影響力は小さく、物事が上手く行かないことが非常に多くなる

と考えることができます。

スポンサーリンク

 

「大は小を兼ねる(大きいものは小さいものの代りにも用いることができる)」ということわざの通り、ある程度の裕福さがあれば、やろうと思えば貧乏な人の生活を送ってみることもできますし、同時にお金や時間的余裕を用いて夢を叶えることができます。

お金が無い状況では夢を叶えるどころか毎日の生活だけで精一杯という状況になりがちなので、「お金持ちと貧乏人、どちらを目指すか?」という問いならば、お金持ちを選択しておけばまず間違いは無いでしょう。


特に、子どもに「清貧の尊さ」「お金は重要ではない」などと教育して、将来にお金を持たない状況へ子どもを誘導することは決してやってはいけない間違った教えだと当ブログでは解釈しています。

 

 

スマフォで簡単に利用できる「WealthNavi(ウェルスナビ)」

スポンサーリンク

WealthNavi(ウェルスナビ)は、「高水準の利回りの資産運用」を全自動でこなしてくれる、スマートフォン用のおすすめアプリです。無料で会員登録できます。

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi(ウェルスナビ) で全自動の資産運用を

WealthNavi Inc.無料

 

 

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント