世渡りが上手い人と、世渡りが下手で要領が悪い人との境界線

スポンサーリンク

 

「世渡りが上手な人」と「世渡りが下手な人」の違いについて調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

人間関係

 

世渡りが上手い人の特徴

  • 愛嬌がある振る舞いをする
  • 人前では笑顔を絶やさない
  • 「余計な事」は口に出さない
  • 気が利く
  • 集団の空気を読み、空気を壊したり場の流れに逆らうようなことはしない
  • あえて自身の弱みをさらけ出すことで、親しみやすさを演出したり、他人からの助力を得やすくする
  • 甘え上手
  • 言葉選びが上手く、直接的に言うと傷つけてしまうようなフレーズを避け、遠回しにやんわりと伝える
  • 「八方美人」という表現がぴったりの物腰

 

 

これに対し、世渡りが下手な人はやたらと自己主張が強く、他人を寄せ付けないとげとげしい態度であることが多いので、他人との間に自然と壁を作ってしまいます。

 

 

「人間関係」での世渡りが上手い人と下手な人の境界線

世渡りが上手い人は他人に好印象を与えることを念頭に行動していて、下手な人はそういった考えを持っていない。

 




交友関係

 

世渡りが上手い人の特徴

  • 「力があって、媚びるべき人物」を選んで付き合っている
  • 面倒な性格の人や、トラブル・問題を抱えている人は最初から避けている
  • 会話では相手のことを否定せず、褒めることで仲間へと引き込む
  • 後から自己の評判を落とすことになるので、陰口・悪口は言わない
  • 他人には入れ込みすぎず、離れすぎずの、一定の距離を保っている

 

 

これに対し、世渡りの下手な人は問題を抱えている人達にも肩入れしてしまうため、自身も問題に巻き込まれたりエネルギーの消耗が激しくなるという事態になってしまいます。

 

 

 

問題状況への対応能力

 

世渡りが上手い人の特徴

  • 「負ける戦」には近寄らない
  • 自分の主張や一般論の正義にこだわらず、その場の状況に応じた正解を見出して行動できる
  • 「触らぬ神に祟りなし」といったスタンスで、やっかいな問題事には最初から距離を取る
  • 「仕事ができる」と見せかけるのが上手い(力を注ぐべき部分と、手を抜いても構わない部分の見分けがついている)
  • 面倒そうな仕事・作業はさりげなく他人に振って、自分はやらない
  • いよいよ状況がやばくなれば、逃げる事に躊躇が無い

 

 

これに対し、世渡りの下手な人は正義感にこだわって自己主張を続けたり、勝算が極めて低くて危険な物事にも突っ込んでいってしまうため、不利益を被ったりいくら頑張っても成果が出てこない、ということになってしまいます。

見下されて負担を押しつけられる要領の悪い人を直す2つのコツ
要領が悪い人は、勉強や仕事で結果を出せずに他人から小馬鹿にされたり、要領の良い人達からていよく負担を押しつけられて、パッとしない人生を送り続けるのが常です。 どうしたら要領が良くなれるのか?要領の悪い人、良い人それぞれ...

 

 

「問題状況」での世渡りが上手い人と下手な人の境界線

世渡りが上手い人は勝ちやすい選択や勝ちやすい土俵を臨機応変に選ぶことに対し、下手な人は負けそうな状況でもかまわず突っ込んでいってしまう。

 

性格

 

世渡りが上手い人の特徴

  • 自分のことが好きで、考えの基本が自分本位(他者に貢献しようという考えは希薄)
  • ややワガママ
  • 性格に裏表がある
  • 極端な思想に走らず、中庸を保っている
  • 損得勘定が得意
  • 「どのように行動したら良い結果が得られるか」を常に考えていて、計算高い
  • 「沈む船」や「その集団の中で力を失った人」に見切りを付けて離れることに躊躇が無い
  • 他者から嫌われることを恐れない

 

 

これに対し、世渡りの下手な人は自分の思想や信念に固執しすぎるせいで利益を二の次にしてしまったり他人に尽くしすぎるので、物事で上手く行かないことが多発します。

スポンサーリンク

 

 

 







「上手な世渡り」を実現するためのキーワードとなることわざ集

 

「勝てば官軍負ければ賊軍」

戦いは、道理に合わなくても勝てば正義で、道理に合っていても負ければ不正なものとされること。

スポンサーリンク

 

 

「口はわざわいのもと」

うっかり吐いた言葉からわざわいを招くことがあるから、言葉を慎むべきである、という戒め。

 

 

「正直者が馬鹿を見る」

とかく世の中は、ずるがしこい者がよい思いをするのに、正直者が損をして悔しい思いをさせられるものである。

 

 

「長いものには巻かれよ」

目上の人や勢力のある人には争うより従っている方が得である。

 

 

「悪貨は良貨を駆逐する」

悪人のはびこる世の中では善人は不遇である。

 

 

「憎まれっ子世にはばかる」

人から憎まれるような者ほど、逆に世間では幅をきかせるものである。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント