教師…子どもの教育はやりがい大だが超激務と責任重大で辛すぎ

スポンサーリンク

 

小学校や高校のような学校で生徒に勉強を教え、指導をする「教師」の評判や仕事内容について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「教師という職業ってどうなの?」へのネット上の意見集

 

ありえないほどの激務がデフォルトであるのに加え、
無賃金の時間外労働が常態化している。
もはや、「教師は公務員である」といううま味以外はほぼメリットゼロといっていい。

 

教師の暴力禁止・体罰禁止はまあ仕方ないとしても、
現代では厳しい口調での注意まで禁止されている。
生徒に舐められまくって、教師側はストレスが溜まる一方。

 

1人の人間に、30~40人の人間を担当させ、面倒を見させる、
って異常な難易度。
しかも担当するのは、自制心が弱くて何をしでかすか分からない子ども。

 

 

国の少子化のあおりを直接的に受ける仕事が教職だから、
お先真っ暗。

 

子ども達の心に自分の教えを残すことができる、
というのは確かに魅力的。
だけど、仕事内容がブラックすぎる。

 

 

子どもの親は、教師を万能視しすぎている。
親が行うべき教育を教師に丸投げし、教師に任せておけば子どもは品行方正に育つと勘違いしている。
教師が教えられる事は、現実的には勉強のことだけで精一杯なのに。

 

40代50代になっても、小学校や中学校の勉強を繰り返し教える、というのが精神的にキツすぎる。
学生時代から時がずっと止まったまま。

 

人生において発生するストレスは、その大部分が対人関係によるもの。
教師は何十人という生徒と接するから、ストレスの発生量がものすごい。

 

教職=聖職、って思い込みのせいで、
違法でも何でもない行動を取ったとしても保護者から叩かれるのがやばい。
教師がパチンコや競馬をしただけでも十分に叩かれる材料になってしまう。

 

 

現職の教師いわく、同僚の教師達には変な人間しかいないらしい。
もの好きな人間が教師になろうとするからそのせいで変な人間しかいないのか、
それとも、
過酷な職務のせいで狂ってしまったからそのせいで変な人間しかいないのか、
そのどちらが真相なのかは不明。

 

「子ども達に大切な事を教え、導いてあげたい」
という強い信念を持った聖人気質の人以外は、どう考えてもなるべきじゃない。
安定性とか、ノルマ無しだから気楽とか、そういったものをあてにして教師になっても、メリットをはるかに上回るデメリットを前に絶対後悔する。

 




教師の仕事内容

 

教科指導

スポンサーリンク

授業によって教科書の内容を解説する仕事であり、教師が行う業務の中で重要なものとなります。

自身の口頭・板書の解説で生徒達の理解度が低いと、それらを改善することが求められます。さらに、授業のための資料集めやプリントの作成など、授業を行うためにやることがたくさんあります。

進学校…校則がゆるくて生徒同士が互いを許容する勉強第一高校
有名大学の入試合格者を毎年多数出している「進学校」にありがちなことや特徴について調査したので、分かったことを報告します。 「進学校」にありがちな特徴と現象 「オタクの学生率」が異常に高い。 頭の回転...

 

 

 

生徒の相談役となる

  • 進路相談
  • 交友関係の相談
  • 家庭環境の相談
  • 思春期時のあれこれの葛藤についての相談

教師は教育者なので、生徒の悩みを真摯に聞き、問題の解決に向けて導いてあげる仕事をします。

スポンサーリンク

ただの一般論を話しても効果はほとんど無いので、教育の専門的な書籍を読み込み、高度な知識を身につけることが求められます。

 

 

 

部活動の顧問


放課後や土日に行う部活動の顧問として、部員の生徒達を指導します。

生徒達と一丸となって技術や知識を向上させていくのは楽しいですが、教師の仕事での拘束時間が長くなる原因の多くが部活動の顧問であるため、同時に辛いところです。

スポンサーリンク

私立教員の場合は部活指導に対して割増賃金が支払われますが、公立の小学校や中学校の教員は部活指導には時間外手当が付かずタダ働きしなくてはなりません。(公立の小学校や中学校の教員でも、休日に4時間以上の部活顧問を行った場合は、部活動手当として3000円が支払われます)

 

 

転職のための有用サイト

リクナビNEXT

◎ホワイト企業の求人が多い
○リクナビNEXTが取り扱っている求人の約85%が、他の転職サイトでは取り扱っていないリクナビNEXTが独占している優良求人
○利用者登録していると、優良な企業から就職のオファー・アプローチがかかる
○「転職活動をしたいけれど、どの転職サイトを使えば良いのかわからない」という方には、とりあえず転職サイトの最大手のリクナビNEXTにしておけば間違いないと言える
△転職サイトとしてはメジャーすぎてすでに利用者登録しているかもしれない

コネクト

○コネクトの転職コンサルタントが、「求職者」と「企業側の採用決裁者」の間を取り持ってくれるおかげでスピード転職が実現する
○「名前」や「年齢」などのごく簡単な7つの項目を入力するだけでユーザー登録が完了するので、気軽にサイトを利用できる
○コネクトの転職コンサルタントは経験豊富で各方面への人脈を持ち、求職者の要望に沿った転職先を示してくれる
△取り扱っている企業数がやや少ない

 







教師の仕事で、特に大変な3つのポイント

 

1.基本的に、あまりにも忙しすぎる

日中の授業をすることはもちろん、それ以外の時間帯は授業のための準備作業や宿題の添削、テスト問題の作成、テストの採点、通知のためのプリント作成など、あまりにもやることが多すぎます。

そのせいで日々忙殺されるのが教師の宿命です。

 

 

 

2.しかもイベント・行事がひっきりなしに続く

  • 家庭訪問
  • 運動会
  • 修学旅行
  • 社会科見学
  • 文化祭
  • 遠足
  • 入学式
  • 卒業式

上記のようなイベント・行事が次々と押し寄せてくるため、準備の作業が大変なものになります。

さらに、教職員が参加することが義務になっている教育研修や勉強会なども定期的に開催されます。

 

 

 

3.責任が重すぎる

生徒間のいじめや、遠足のような行事の際に生徒が暴走したせいで事故にあったことなど、不可抗力のような出来事でも教師の監督不行届とされ、責任を追及されることになります。

教師にあれこれ要求しすぎるモンスターペアレントの存在も決して珍しくなく、彼らから不当な責任追及をされることも多いので、非常に大変な職業です。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント