憎まれっ子世にはばかるが成功する人達には当然である3つの理由

スポンサーリンク

 

「憎まれっ子世にはばかる」ということわざが、なぜ社会において正しく、成功する人達にとっては当たり前なのかの理由について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「憎まれっ子世にはばかる」についてのネット上の見解

 

ことわざ「憎まれっ子世にはばかる」の意味

人々から憎まれるような者ほど、世の中で幅を利かせ、成功したり威勢を振るう、ということ。

 

 

自分自身のための利益や地位を真剣に追い求めている人の方が、当然世の中で成功しやすい。
その人の姿を客観的に見ると、「他人に遠慮したりゆずったりしない、憎まれっ子」に見えるというだけのこと。

 

学生時代は、クラスという世界の中ではいじめっ子が偉かった。
いじめっ子はクラスの弱者達から憎まれていたが、それでも偉かった。
学生が成長して社会へ出ても、他者を平気でいじめる奴ばかりが出世している。
登場人物達の年齢と登場ステージが変化しただけで、学生時代の延長が社会で続いてるんだよ。

 

強い、っていうことは、悪い、っていうことだからね。
悪い、ならば、強い、は成立しないけれど、
強い、ならば、悪い、は自然に成り立つ。
このことは自身がある程度以上の年収や社会的地位を得てみて、初めて実感できる真理。
実力者や権力者ってのは悪い奴ばかりだよ。

 

動植物の世界では弱肉強食が原則だし、
人間の世界でも表面的には平和と平等を取り繕っているけれど、
内面の実状は弱肉強食。
だから、人間の世界では悪い奴が強い。

 

「男は敷居を跨げば七人の敵あり」
ってことわざが昔から語り継がれているでしょ。
昔から、男は適度に敵を作ってそいつらと戦うくらいの気概じゃないと出世できないってことだよ。

 

大人っていうのはさ、ズルいくらいでちょうど良いんだよ。

 

社会に出て、上へ昇るという野心を持つタイプの大人達は、
この世の中は他者との金・チャンス・評判・評価・地位の奪い合いだとはっきり認識して行動している。
「ずるい奴ばかりが良い思いをしているなんてあんまりだ!」
とかわめいている社会人達に対しては、野心を持つ大人達は「こいつら子どもか?」くらいにしか思わない。

 

ただ単に犯罪者的に悪い奴・犯罪的な悪い行為を繰り返す奴は、
短期的には良い思いができても、いずれ人生のどこかで法の粛清を受けて終わるけどね。
「世の中で成功する悪い奴」っていうのは、そういう露骨なやり方とは別の方法を採っている。

 

 

「気が弱くて、しかも、頭も弱い」
という人には最悪的な人生が待ち受けている。
この事実から考えるに、
「気が強くて、しかも、頭が良い」
という悪っぽい人にはかなり上等な人生が用意されていると思われる。

 




世にはばかることができる憎まれっ子と潰される憎まれっ子の違い

 

世の中で成功する憎まれっ子の特徴

  • 「自身の利益をきっちり確保すること」と「やりすぎないこと」を両立している
  • 能力が高くて仕事ができたり、要領が良くて世渡りが上手い
    • 「できる人」なので、行動に少々の問題があって憎らしくはあっても、その一方で周囲がある程度は認めざるを得ない
  • 集団や世間の空気を読まずに自分の判断に従って行動し、判断が正しかったおかげで成功する
  • 他者を合法的・セーフ範囲内で利用することが上手
  • 神経が図太いおかげで、他人からの嫉妬や嫌味に動じない
  • 「越えて良い一線」と「決して越えてはいけない一線」の両方をしっかりわきまえている
世渡りが上手い人と、世渡りが下手で要領が悪い人との境界線
「世渡りが上手な人」と「世渡りが下手な人」の違いについて調査したので、分かったことを報告します。 人間関係 世渡りが上手い人の特徴 愛嬌がある振る舞いをする 人前では笑顔を絶やさな...
要領が良い人の特徴は要点のみに力を注ぎさらに利益にめざとい
「要領が良い」…というと、まるで他人を出し抜き処世術に長けたずるい人…という印象を受けますが、結果を出すために必要な行動だけを選択する、という意味合いでは非常に重要度の高いスキルですし、たとえ要領が良い生き方をしていても犯罪...

スポンサーリンク

 

 

通報されたり、みんなからの圧力で潰される憎まれっ子の特徴

  • 「自身の利益をきっちり確保すること」を過度にやりすぎるせいで、みんなにとって害悪的な存在になってしまっている
  • 「自身の利益をきっちり確保すること」をする際に、それらしい大義名分が少しも備わっていないため、他者の目には「私利私欲による略奪」としか映らない
  • 「快感を得るためだけに他者を攻撃する」など、目に余る行為を繰り返す
  • みんなからの敵意や種々の攻撃を上手くかわせるほど、能力が高くない
  • 誰の目から見ても明確に、法律に違反した行為をしてしまっている

 







「憎まれっ子世にはばかる」が真理として成り立つ3つの理由

 

1.「他人のため」ではなく「自分のため」に行動しているから

「自分のため」を行動原理にして日々を過ごしている人は、自分のために積極的に利益やチャンスに手を伸ばしていくので、成功(=世にはばかる)しやすくなります。

それに対して、「他人のため」を行動原理にして動いているタイプの人達は、自分の時間・労力・お金・精神的エネルギーを他者へと捧げてしまっているため、「自身の栄達」という場所からはどんどん遠ざかっていくことになります。

 

 

 

2.他人を平気で攻撃できる人は他人に勝利しやすいから

  • 他人を言葉・作戦などで攻撃することに、うしろめたさ・罪悪感をまったく覚えない
  • 「他人がして欲しくないこと」「他人が嫌がること」を発見して、それを実行することが大好きだったり得意

このような特徴をもつ人は、他人との勝負・競争において無類の強さを発揮します。

スポンサーリンク

客観的には性格が悪い人間(憎まれっ子)ですが、勝負・競争に非常に勝ちやすいおかげで世の中で幅を利かせるようになります。

人生の全ての勝負事に適用できる勝ちと負けを左右する重要要素
恋愛・就活・進学といった多くの人が立ち向かう場面から、起業や商品開発といった多くのリスクを負って勝負する局面まで、人生のあらゆる勝負事に適用できる、勝敗を左右する主要な要因の解説です。 「勝つ」ことに寄与する重要要...


 

 

 

3.すでに立場が上の人間が数々の憎まれ行為をしている場合も多々あるから

一例として、社内で役職に就き、部下達に指示をする立場の人間は、無茶な課題を押しつけたり自身の落ち度の責任を部下になすりつけたりすることが非常に多くなります。

スポンサーリンク

すでに社内で幅を利かせている立場の人が、数々の憎まれ行為をしているのを部下達が見ると、

「憎まれっ子世にはばかる、だよなあ…」

という感想を抱くのです。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント