数的処理や経済原論がキツい…公務員試験にありがちなこと集

スポンサーリンク

 

公務員試験を受験する人にありがちなことや、公務員試験対策の勉強でありがちなことなど、公務員試験でよくあることについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「公務員試験を受験する人達」にありがちなこと

 

・安定志向
・挑戦心が低め
・楽したい
・人生の目標が希薄
こんな人達ばかりが公務員になりたがって、公務員試験を受けに来る。

 

本屋でバイトしている者だけど、
公務員試験関係のテキストを購入していく人は社会不適合者っぽい外見の人ばかり。

 

 

有名大卒でさわやかな外見のリア充(あっさり合格)と、
どんよりとしたオーラをまとっている陰キャ(ずっと不合格)、
の二極化状態といった印象。

 

ネット上の公務員信仰を真に受けて、
ニート達が人生を一発逆転させるために公務員試験を受験しに来る。

 




「公務員試験対策の勉強」でありがちなこと

 

試験科目が多すぎて、かなりの勉強量を強いられるので、
勉強を始めてからしばらくは絶望状態が続く。

 

数的処理が難しすぎる…。

 

 

筆記試験対策はともかくとして、
面接対策は独力ではほぼ無理なので、
公務員試験対策をするタイプの予備校に通うしかない。
多額の学費がかかる。

 

文系の高卒・文系学部卒は、
数的処理と経済原論で大苦戦する。
文理問わず、この二科目が得意な人は公務員試験に合格しやすい傾向がある。

 

面接では、受験生の
・協調性
・素直さ
などを重視し、評価しているらしい。
「私はこれができます!」「こんな新しいことをやってみたいです!」
みたいな自己主張が強くて個性的な人は落とすみたい。
公務員は前例のルールに従順に従うことが非常に重要だから、
考えてみれば当然の評価基準。

 

「公務員試験というものへの感想」でありがちなこと

 

・地道に、長時間の勉強を積み重ね続けることができる
・社交性があって、明るい印象
・それなりに高知能
これらを兼ね備えていないと公務員試験に合格できない。
現代は公務員は人気職で、公務員試験の採用倍率がかなり高くなっているから。

 

勉強を続けて、
筆記試験は安定的に通るようになったとしても、
その次の面接が運要素が大きすぎる。
面接官との人間的相性が良くないと、公務員試験に合格できない。

 

同じ試験会場に、
旧帝大卒とか早慶卒とかその他上位国公立大卒がうじゃうじゃいて焦る。
試験結果が出る前から落ちる予感がする。

 

公務員という存在への盲目的信仰から、
公務員試験浪人を続けた末に、なりふり構わず「自衛隊」「警察」「国税」みたいないわく付きのところへ入っちゃう。
そして、心身が破壊されて無職へとリターン。

 

新卒で公務員専願は、人生の破滅フラグ。
高確率で公務員試験浪人となり、新卒チケットも喪失して、公務員試験浪人を続けて破滅へ向かう。

 

公務員になった人達の言葉を総合すると、
・それなりに勉強ができる
・面接に通るだけのある程度以上のコミュ力はある
という条件でなおかつ自分を無能だと自覚しているなら、公務員はおすすめ。
有能で自分の人生を自由に設計できるくらいの実力があるのに公務員になるのはアホすぎる。

生活保護担当の公務員達が申請者とのもめごとで極めて辛い現象
市役所・区役所で、市民からの生活保護の申請に対応する公務員は、多大なストレスと心労でつぶれてしまう事が多いと言われています。 生活保護担当係である公務員の苦労について調査したので、分かったことを報告します。 ...

 

 







公務員試験で多くの受験生を苦しめる、鬼門の試験

 

数的処理

「数的推理」「判断推理」「資料解釈」という試験科目の分野が「数的処理」と呼ばれます。

数的処理という分野の中でも「数的推理」「判断推理」の2つがとくに受験生を苦しめると言われており、難易度的には中学~高校数学(数1・A程度)ですが、パズル・暗号を解くような独特の試験なので、試験問題が肌に合わずに苦戦する人が続出します。

 

 

 

民法

数多くの公務員試験科目の中で、試験範囲が広範でなおかつ最も専門的な内容を問われる科目が民法だと言われています。

スポンサーリンク

地道な暗記作業を長期にわたって行うことを強いられるので、受験生にとってはとくに負担が大きい科目です。

 

 

 

経済原論


「ミクロ経済学」と「マクロ経済学」という試験科目を合わせた分野が「経済原論」と呼ばれます。

数学的処理をしないと解けない問題が多くを占め、数式の使用やグラフの比較、微分をすることなどが求められます。

スポンサーリンク

公式や解法パターンを暗記すれば解ける問題に加え、原理を深く理解していなければ解けない問題も登場するので、難易度が高い試験科目分野です。

公務員試験&公務員の仕事の裏事情をココで全部まとめて伝えます
近年は、就職先として公務員が人気です。ここ数年の公務員人気と公務員試験、そして職業としての公務員の内情を一覧にしてまとめました。 不安定な世相を受けて公務員が人気職になる リスクモンスターはこのほ...

 

 

 

面接試験

受験生達が試験対策に多大な時間を割いてきた筆記試験とは、性質が根本的に異なっているのが面接試験です。

面接官とスムーズに対話をするための高度なコミュニケーション能力が求められ、さらに「民間企業に就職するのではなく、公務員になりたい明確な理由」を用意して伝えなければならないため、非常に難易度が高い試験です。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント