結婚後、家庭での夫の居場所が高確率で無くなる現象と対策

スポンサーリンク

 

結婚後、時間が経つにつれて家庭の中で夫の居場所が無くなるという現象と、その解決策について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

家庭で父親に居場所が無いことを語る、ネット意見

 

家庭の中では、
母親&子ども達

父親
という勢力図だからね。
父親側はまず数で負けているし、相手が女子どもであり保護されるべき存在として社会的に認識されているから、
どうあっても父親側が劣勢になる。

 

食器の洗い物とか洗濯物を
気を使って夫がやってあげても、
それはそれで妻に迷惑がられるんだよな。
やり方が違う、このやり方じゃダメ、とか言われる。

 

スマフォが国民的に普及して、
誰も彼もネットに参入して意見を言えるようになったせいで、
女性の権利をあれこれ要求する運動が近年激化しまくっている。
こんな時代じゃ、夫は迫害されまくるに決まっている。

 

家庭の中に居場所が無いから、
どうにかして居場所を作ろうと自分用の部屋を獲得し、
そこで趣味に耽溺し、家族と接する機会が減っていく。
するとある日、妻から離婚の話を持ち出される…。

 

昭和の頃の頑固親父みたいな
亭主関白状態を実現できれば父親の威厳は復活するだろうけれど、
今の権利にうるさい時代では100%不可能。
よって父親は家庭の中で腑抜け人間にならざるを得ず、
妻や子どもから一目置かれる存在になることは至難。

男性が結婚で後悔する理由をまとめると理想と現実の落差が酷い
結婚は、その制度上や法律面で、男性側に過度に負担がかかるような仕組みになっています。そして脳の仕組みから恋愛感情の賞味期限はもって3年と期限付きなので、愛が消えてただ辛いだけの家庭で絶望する既婚者男性は後を絶ちません。 ...

 

子どもが生まれてから、
幼児相手に四六時中必死に世話をする母親と、
その周りでずっとおろおろするしかない父親。
このあたりの時期で、母親と父親の力関係が決定的になる。

 

夫は仕事をして家族の生活費を稼いでいれば
それで全てが許されると思いがち。
妻が家庭で忙しく家事をしている横で、夫が上記の思い込みをしたまま
テレビを見たりスマフォをいじっていると、
妻は不満が溜まっていずれブチ切れるんだよ。

 

 

家庭では居場所が無く、
会社に居場所を求めようと不必要な残業をして
部下に「あの人がいつまでも残っているから部下が退社できない!」と迷惑がられる。
男って辛いね。

 

夫は、努力して努力して努力して
確固たる実績と尊敬を勝ち取って、初めて妻と子どもから
「立派な父親」
と認識される。
努力を怠った夫は、
「なんか家庭の中にいつもいる、くたびれたおっさん」
という認識だから注意すること。

 




結婚後や出産後、高確率で起こる「予想外の妻の変化」

 

体型面での変化

スポンサーリンク

  • 大幅に太った
  • 太ったことで、スタイルが崩れてしまった

 

 

精神面・行動面での変化

  • 家の中でだらしない格好で過ごしているなど、女性らしい恥じらいが無くなった
  • 化粧やおしゃれをしなくなった
  • 家の中が物で散らかっていても平気で、あまり掃除をしようとしない
  • ごろごろしながらテレビ番組を観たり、お菓子を食べている
  • 結婚後、夫に対する愛が年々冷めていく
  • 子どもが生まれてからは、夫への態度があからさまに冷たくなった
  • 子どもが生まれてからは、まさに「お母さん」といった雰囲気になり、自身の実母と似た雰囲気になってしまった
  • 子どもが生まれてからは、妻は気が強くなったり自己主張が激しくなるようになってしまった
  • 子どもが生まれてからは、子どもを味方につけて夫の立場を不利なものへ追い込もうとすることが増えた

 

 

 

いったん結婚すると、手続きの複雑さや世間体の悪さのせいで、そう簡単には離婚できないようになっています。

そのため、結婚を焦っている者にとっては「結婚してしまいさえすれば、こっちのもの」という発想を抱きやすくなり、結婚後に、それまでずっと隠していた本性を現す人が多いと言われています。

 

離婚は結婚の3倍のエネルギーが必要なほど離婚が大変である理由
「離婚には、結婚の3倍のエネルギーが必要」と世間でよく言われます。 離婚という行為が非常に大変である理由を調査したので、分かったことを報告します。 「離婚には、結婚の3倍のエネルギーが必要」と言われる4つの理...

 

家庭内で父親の居場所が無くなってしまうことの原因

 

主な原因

  • 妻の関心が子どもに向きすぎてしまっていて、父親が無視されたような状況になる
  • 帰宅が遅いせいで、妻や子どもがすでに就寝していて、彼らに存在をなかなか認識してもらえない
  • 妻が実家の両親に依存していて、父親の都合が軽んじられる
  • 酔っぱらった状態で帰宅するなど、家族からの心証が悪化している
  • 妻の家事・育児をまったく手伝わず、そのせいで妻から憎まれている
  • 妻と夫婦喧嘩を繰り返していて、関係が冷え切ってしまっている
  • 妻や子どもとほとんど会話をしない(父親から話しかけない)
  • 父親自身が会社での仕事や出世競争に没頭してしまっているせいで、家庭を顧みないようになってしまっている

 







夫が家庭の中に居場所を取り戻すための対策

 

対策

  • 今日からすぐに、家事を手伝う
  • 育児にはできるかぎり協力し、妻のサポートに回って妻の心身の負担を減らす
  • 妻や子どもと日頃から会話ができるように、会話のネタ・会話のきっかけを探す努力を続ける
  • 「自分は仕事をしていて家族のためのお金を稼いでいるんだから、それで必要な務めは全て果たしている」という間違った認識を今すぐ改める

 

 

夫が家庭の中で居場所を失う理由の大部分は、家事・育児に夫がずっと無関心だったせいで、家の中でやることがなくなり、夫が非協力的だったせいで妻からも愛想を尽かされた、というものです。

スポンサーリンク

家事・育児を手伝い、家族サービスを日頃から行っていれば、家庭内で夫がやることが次々とできるようになるので、自然と家庭内に居場所ができるようになります。

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント