社会人になっても人生が楽しい人と全然楽しくない人の境界線

スポンサーリンク

 

学校を卒業して働き出し、社会人になっても人生を楽しんでいる人と、人生がつまらないものになっている人の境界線・違いについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「仕事を楽しんでいるか、いないか」

 

仕事を楽しんでいる人の特徴

  • その仕事に興味・関心があり、その仕事をすることが好き
  • 仕事を通しての新しい出会いや、仕事を通してできる縁故をありがたく感じている
  • 仕事をこなすための能力・知識・仕事の実績がだんだん向上していくことが楽しい
  • 顧客からの感謝の言葉や、自分の仕事で顧客を笑顔にさせた時に感じる嬉しさをありがたいと感じている
  • 「達成感」「忙しさによる充実感」「満足感」などの、仕事に付随する良い感情を楽しんでいることが多い
仕事の具体的なやりがいは明確な成果や高収入など6種類ある
「仕事におけるやりがい」とは具体的に何を指すのかを調査したので、6種類のやりがいの特徴をそれぞれ解説します。 「やりがい」の具体的種類は6種類 1.「自分自身の手で明確な成果を上げることができる」 ...

 

 

仕事を楽しんでいない人の特徴

  • その仕事をする意義を見出していない
  • その仕事を飯の種としか認識しておらず、義務的に嫌々やっているだけ
  • 「仕事をやらされている感」を強く感じている

 

 

 

本項目での社会人生活を楽しんでいる人と苦しんでいる人の境界線

その仕事を自分から能動的に取り組んでいるか、いないか。

 




「仕事での人間関係に不満があるか、無いか」

 

仕事での人間関係に不満がない人の特徴

  • その業界での上流工程に属する企業に入社できたので、職務での負担が小さく、職場の人間関係や雰囲気がぎすぎすしていない
  • 入社した企業に、運良く、性格が悪すぎる人間があまりいなかった
  • 自営業のような、人間関係を自分で取捨選択できる仕事をしている

 

 

仕事での人間関係に不満がある人の特徴

  • 入社した企業の中に、運悪く、性格が悪い上司や同僚やお局がいた
  • ブラック企業や、上流工程の大企業に無茶な量・納期の仕事を振られる下流工程の企業に入社してしまった
多くの会社員が会社へ行きたくないと出社を拒絶する5つの理由
「なぜ多くの会社員は、会社へ行きたくない…、と強く思い続けるようになるのか?」という疑問への答えを調査したので、分かったことを報告します。 多くの人が、会社で働く事を嫌がる5つの理由 1.朝の通勤...

 

 

 

本項目での社会人生活を楽しんでいる人と苦しんでいる人の境界線

努力や運によって良い仕事環境を獲得できたか、できなかったか。

スポンサーリンク

 

「夢中になれる趣味のようなお金の有意義な使い道があるか、ないか」

転売屋

 

仕事で稼いだお金を有意義に使っている人の特徴

  • 「旅行」「デザインが気に入った服の収集」「食べ歩き」といった趣味があり、その趣味をもっとするためにお金が必要であり、その理由から仕事をする意義を感じている
  • 物欲が強い性格であり、買いたいものがたくさんあるので、お金を稼ぐための仕事をする意義を感じている
  • 学生時代とは稼いでいる金額や貯金額が大幅に増えているので、趣味で買える物・できる事が大きくグレードアップしていて、余計に趣味が楽しくなっている

 

 

仕事で稼いだお金を有意義に使っている人の特徴

  • 趣味らしい趣味が無いせいで、仕事でお金を稼いでもお金の使い道がほとんど無い
  • 仕事で稼いだお金を、やけ酒をするための購入費用などに充ててしまうなど、お金を建設的に利用することができていない

 

 

 

本項目での社会人生活を楽しんでいる人と苦しんでいる人の境界線

仕事で稼いだお金を前向きな目的で使っているか、そうでないか。

 

「人生を楽しむ工夫を積極的にしているか、していないか」

 

積極的に人生を楽しむ工夫をしている人の特徴

  • 「仕事が大変だからこそ、仕事上がりに飲むお酒やおつまみが格段に美味しい」という具合に、娯楽をより楽しむために仕事の辛さを上手く利用している
  • 新しい趣味分野を開拓したり、結婚して新しい人生へ踏み出してみたりと、面白いイベントが起きるように自分から努力している

 

 

人生を楽しむ工夫をしていない人の特徴

  • 「仕事が辛い」「社会人の生活は辛いものだ」と思ったまま行動を起こさず、思考停止状態におちいっている
  • 人生が楽しくなるように新しいイベントが起きるように働きかけることを、何もしていない
大人のつまらない人生をわくわくしたモノへ変える3つのヒント
大人になると、どうしても経験済みの事ばかりで初めてのどきどきわくわくが減ってしまったり、会社勤めのせいで毎日の変化がとぼしいなど、人生がつまらなくなりがちです。大人になると人生がつまらなくなる事と、それを打開するヒントを調べ...

 

 

 

本項目での社会人生活を楽しんでいる人と苦しんでいる人の境界線

頭を使ったり労力を割いて自分の状況が楽しくなるようにしているか、していないか。

 







「自分の目標・夢に向かっているか、いないか」

 

目標・夢に向かって日々を楽しんでいる人の特徴

  • 自分にとって大切な目標・夢があるから、日々の仕事は目標・夢に向かうための過程となり、意味があるものになる
  • 目標・夢があるので人生に張り合いが生まれ、日々を生き生きと過ごすことができる
  • 目標・夢を追っているので活力に満ち、そのおかげで雰囲気や容姿が若々しい
生き生きとして人生を楽しんでいる人とそうでない人との境界線
「生き生きとした様子で毎日を過ごし、人生を楽しんでいる人」の特徴と、それとは反対に人生を楽しんでいない人の特徴を調査したので、分かったことを報告します。 「生き生きとした様子で人生を楽しんでいる人」の特徴 ...

 

 

目標・夢が無くて日々がつまらない人の特徴

  • 目標・夢が無いので、社会人生活が「人生の消化試合」としか思えなくなってしまっている
  • かつて目指していた目標・夢を断念してしまい、新しい目標・夢も見つからないため、鬱屈とした気持ちで社会人生活を送っている場合がある

 

 

 

本項目での社会人生活を楽しんでいる人と苦しんでいる人の境界線

「これを達成するためなら、多大な時間や労力を費やしても良い」と納得できる目標・夢をもっているか、いないか。

スポンサーリンク

本記事と特に関連が強いおすすめ記事:




コメント